メールは届くけれども、送ることが不可能になるというようなトラブルもよく起こっていますが、これについてはメールソフトの設定がおかしいかもしれないので、アカウント情報などを点検しましょう。

エラー内容が確認できるときには、その表示内容に沿って、対処していかなければなりません。
エラーの内容も確認できず、正しく送信したような気がするものの、相手側が受け取れていない場合もあります。

こうしたときには、ひょっとすると相手のほうの迷惑メールの予防法ということで弾かれていることがあるため、これを調査しておきます。

中でも、パソコンを使って携帯電話のメールアドレスに送信する場合、受信するほうのアドレスのせいで、送信完了という表示になっても相手は受信することが不可能だということがあるのです。

それというのも、パソコンだと@マークの一つ前にドットのあるアドレスを取得することはできませんが、携帯電話ならば作成できることがあります。
このようなアドレスに宛てて送ろうとしたときに、相手方が受信できないというトラブルが生じてしまうことがあります。

利用中のメールサービスやメールソフトにおかしいところがないかを明確にするやり方として、自分のアドレスに対して送ってみるという選択肢があります。
それで届いているならば、相手のメール環境に不備があるのか、送信者側が指定している受信者のアドレスがおかしいという可能性が出てきます。

メールサービスの種類ごとに「このサーバーは認証が必要」にチェックをするかしないか、サーバーのポート番号を変えるという具合に、メールトラブルへの対処法は色々とあるため、こうしたポイントも調べておくと良いでしょう。